入退室管理システム id・Techno eS
お問い合せ先:
受付時間:9:00~18:00(土日祝祭日を除く)
  • 入退室管理システムHome
  • 入退室管理システムの必要性
  • 入退室管理導入メリット
  • 入退室管理システムid Techno nano
  • 入退室管理システムid Techno es
  • 入退室管理システム導入事例
  • 入退室管理システム拡張機能
  • 入退室管理システム問合せ
入退室管理システム id・Techno シリーズ|入退室管理システムの必要性
Home > 入退室管理システムの必要性
入退室管理システムは、なぜ必要なのか?
問題点・課題点 ⇒「個人情報保護法」「日本版SOX法」の施行に伴い、各企業が情報漏洩に対する様々な対策を検討しております。
昨今のニュースでも大きく取り上げられている情報漏洩問題。
問題があった際には企業のイメージを一瞬で崩壊させている事は周知の事実です。
しかしながら、このようなリスクを認識していながらも、ルール策定やコスト、導入タイミング等の問題から、皆様もなかなか手を付けられていないのが現状ではないでしょうか。

解決策 ⇒不審者の侵入を防ぐ為にも「認証管理」「証跡管理」を同時に実現できる『入退室管理システム』を導入することが必要です。
・・・では、なぜ入退管理システムなのか!?

入退室管理システムの必要性


入退室管理システム
    ICカードを持っていなければ部屋に入る事が出来ません。
  • 権利者以外の入室を制限(不法侵入を抑止)
  • 「認証管理」(情報漏えいリスクの事前対策)

    入室ログをパソコンで確認出来ます。
  • 問題発生時の状況把握(誰が入室していたかを究明)
  • システム設置によりセキュリティ意識を高め、内部犯行を未然に抑止
  • 「証跡管理」(情報漏洩リスクの事後対策)



⇒上記からも分かるように情報漏洩の危機管理に『入退室管理システム』が重要な役割を果たします。
『入退管理システム』を導入することで得られる企業としての対外的な信頼感、社内の安心感は、大きいはずです。

しかしながら、このような認識を持ちながらも入退室管理のシステムも複雑さやルール策定に躊躇していたり、コスト面で踏みとどまってしまっているケースもあるかと思います。

★そんな悩みを打破することができるのが、この『id Techno シリーズ』です!!


詳しくは、こちら(製品の強み/導入メリット)からご確認ください。

■ 関連サイト
勤怠管理システムTomas
勤怠管理システムクロノス
入退室管理システムid・Techno
入退室管理システムNet2
非接触ICカード型TRシリーズ
就業・入退のことなら人事総務お助け隊
入隊管理システムOare
マックシステム株式会社
資料請求
お問合せ
入退室管理システム id・Techno eS
勤怠管理・入退室管理システム
人事・総務部が管理する勤怠・入退室システムの導入案内。SOHO~大規模まで幅広くご案内。
勤怠管理システム
導入実績4,000社! 勤怠管理のロングセラー。24時間勤務や大人数の集計など、あらゆる業態にマッチ。
非接触型タイムレコーダー
ICカード利用で低価格!
従業員の出退勤管理に入退室管理、学校や塾の出席状況確認などに利用可能。
入退室管理システム
豊富な導入実績! 様々な認証装置で使用可能ソフトウェアの操作が簡単。ドアタイプに設置可能。
Copyright © 2013 MACSYSTEM Corporation. All Right Reserved.